株式会社 サンクリエーション施工事例【新築】I様邸(日高郡みなべ町)

I様邸(日高郡みなべ町)

新築とリフォームを同時に
開放感溢れる純和風住宅

I様邸(日高郡みなべ町)
  • I様邸(日高郡みなべ町)
  • I様邸(日高郡みなべ町)
  • I様邸(日高郡みなべ町)

(プランナー/一級建築士 熊本 好彦)

 今回のポイントはなんといっても新築部分とリフォーム部分に分かれていること。新築部分はもちろんですがリフォームに関しても断熱材やペアガラスといった建材を活用して家の性能そのものを上げることが出来ます。リフォームと言っても間取りを変えたり設備を変えたりだけでなく、耐震性や気密性など「家の性能を上げる」ことも「リフォーム」なのです。

お施主様コメント

 うちの家は、母屋とその隣に新家を増設した作りになっています。古い母屋の建て替えと比較的新しい増設部分をリフォームと考えていました。 そんな時、たまたま新聞に記載されていた「家づくり勉強会」の広告が目に留まり新鮮だなと思い参加させていただきました。「家づくり勉強会」では、家の性能や資金面のこと、そして家づくりで失敗しないためにはどうすればいいのか分かりやすく説明してくださったので、サンクリさんなら信頼できると思いました。 新築部分の要望としては、母屋ということもあり親戚や知人の集まりが多い家なので、とにかく和室を大きくして欲しいというのと、家に入った時に開放感を感じるようにしたかったので、できるだけ玄関を広くして欲しいということです。和室に関しては、玄関からすぐ左に配置されていて人が集まっても生活スペースを見られることなく案内できるのでとても便利です。玄関に関しては、ホールが奥まで続く間取りを提案してくださいました。それによって玄関を開けた際、視界を遮るものがなく、開放感のある空間になりました。また家自体が本間サイズで設計されているので、より広く開放感のある家になっています。 増設部分は、以前はキッチンとダイニングが2部屋に分かれていて料理をするにも食事をするにもとても狭くて使い勝手がよくありませんでした。そこで、思い切って壁を取り払ってLDKにすることで余裕が生まれ、とてもゆったりとした空間にすることが出来ました。 「家づくり勉強会」でサンクリさんは高気密高断熱で性能が良いのは伺っていました。ですので新築部分は心配していなかったのですが問題はリフォーム部分。しかし断熱材やペアガラスを入れることで家の気密性断熱性を上げることが出来るということなのでお願いしました。リフォームしたLDKに居ることが殆どなのですが、母屋に居るときと同じくらい快適に過ごすことが出来ています。 サンクリの方々は皆さん一生懸命なうえ、終始笑いの絶えない楽しい打ち合わせをしていただきました。「家づくりは大変だ」とよく聞きますが私たちに関してはそんなことは全く無く、サンクリさんにお願いして本当に良かったなと思います。