この街でいちばん素敵な家づくり SANCRIRecruitment

Interview社員インタビュー

上棟に立ち会った瞬間、本当に感動しました!

藤田秀斗/営業部

2016/新卒

仕事を通して果たす地域貢献

大学を卒業して、地元に帰りたいなと思って参加したUターンフェアでサンクリエーションのブースを訪れたのがきっかけでした。建築関係なら地域貢献という意味でもいいなと思ったのを覚えています。それで受験してみたんですが、決め手はとにかく“アットホームさ”でしたね。一般的な入社試験ってどこかピリピリしてるじゃないですか。それが全然なくて、試験日は私服で良くて面接自体も堅苦しさがなく、これまで受けた会社とは全く違うなと感じました。入社してからもその印象は全く変わることがなく、みんな温かく受け入れてくれたので、すぐに溶け込むことができました。今はあまり信じてもらえませんが、元々口数が少なくクールな方だと思っていたんですが、先輩方から「(風格が社長っぽいから)社長」なんて呼ばれたりと、いつの間にやら「イジられキャラ」になっています(笑)。とにかくおもしろい方ばかりなんですが、その先輩方から「おもしろい話を持っておけ」というアドバイスをもらい、誰にでも通用するテッパンネタを持つのが営業マンとして当面の目標です。他には身だしなみも心がけていることですね。

プレッシャー<契約の楽しみ

仕事内容は、チラシを配ったり、定期的にOBさん(※過去に家を建てたお客様)を訪問したり、見学会でお客様のアポイントを取ったり、家づくりの勉強会を開いたり、リフォームのお客様ならお宅を訪問して現地調査をしたり…本当にいろいろですね。他に補助金の申請なんかも。以前耐震の補助金申請で何度も役所と言ったり来たりしたときはちょっと大変でしたけど、こういう地道なことも家づくりには重要なのだと実感しました。少し前に、自分が対応した方でリフォームの契約まで繋がった人がいたんです。契約はまだ上司にお任せする状態で僕はアシスト程度でしたが、それでも嬉しかったです。仕事で実績を残さねばというプレッシャーもあるけれど、それ以上に自分で契約することを考えたら楽しみの方がはるかに大きいですね!

まだ先輩方に助けてもらいながらですが、いずれ1人で新築契約まで進められたらいいなと思います。いつか後輩ができたら、イジられキャラを卒業して頼られお兄さんとしていろいろ教えたいと思っています。

※所属、業務内容は取材時時点の内容となります。

Other interviewその他インタビュー