株式会社 サンクリエーション家づくりのポイント家づくりのポイント【長期優良住宅】

家づくりのポイント【長期優良住宅】

SANCRIが推奨する家づくり7つのポイント

家づくりで大切なポイントを詳しく分かりやすくご説明いたします。

  • 家づくりの流れ
  • 長期優良住宅
  • 価格の仕組み
  • 安全性能
  • 家の燃費
  • 資金計画
  • 住宅見学会

長期優良住宅を選ぼう

長期優良住宅は、「耐震性」「省エネルギー性」など、法律で定められた9つの基準を満たした長持ちする家です。

長期優良住宅は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除去に伴う廃棄物の排出を制御します。
よって環境への付加を低減するとともに、建て替えにかかる費用の削減によって住宅に対する負担を軽減します。
より豊かで、よりやさしい暮らしへの転換を図る事を目的としています。

長期優良住宅一言で言うと、当たり前の住宅免許

快適
1年を通して、快適な暮らしを送るために必要なのが、高い気密性や断熱性。次世代エネルギー基準に対応した高スペックな断熱材で室温を一定に保ちます。
健康的
「24時間換気システム」を採用。室内の空気を清浄に保つとともに、空気の温度をコントロールするので、冷暖房のコストも削減できます。
耐久性(耐震)
高温多湿の日本の風土にあった工法・仕様を採用することにより、住宅を長持ちさせ、資産価値を高めます。
省エネ(遮熱・断熱)
高い遮熱・断熱性のガラスや外気断熱仕様などで、冷暖房にかかるコストを削減しエネルギーの消費を抑えます。
耐震性

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、
損傷のレベルの低減を図ること。

建築基準法レベルの1.25倍の地震力<震度8.5>に対して倒壊しません。(※1棟1棟建物構造計算しております。)

次の(1)~(3)いずれかの措置を講じること

  1. 住宅性能表示制度の耐震等級2以上とする
    (チェック項目:性能表示壁量、壁の配置、床倍率、接合部、横架材、基礎)
  2. 大規模地震時の地上部分の各階の安全限界変形の高さに対する割合をそれぞれ1/40以下とする
    (層間変形角を確認)
  3. 免震建築物とする
省エネルギー性

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
住宅にかかるエネルギーを抑えるために定められた断熱や気密、冷暖房に関する基準を「次世代省エネルギー基準」といい、現在、深刻な問題となっている地球温暖化防止への取り組みのひとつとして、居住時に発生するエネルギー消費量の制御・CO2の削減を目的としています。
住宅性能表示制度の温熱環境【等級4】

長く安全に快適に住める家、しかも税制・金利の優遇。
長期優良住宅は選ぶための最低基準といってもいいですね!


「まずは、見学会へ、見て、さわって体験しよう!」お申込みはこちら